ホーム > NIKKENブログ > 『シリーズ日建商事 雑感』 その14
NIKKENブログ

『シリーズ日建商事 雑感』 その14

2014年06月25日

『シリーズ日建商事 雑感』 その14

「先発の同僚が2人程いるから我慢して同室でもよければ」とのことである。

雪を掻き分け駅近くの小さな旅館へ着いた。彼らは定宿にしているようだった。

同行した彼の到着を女将がまだ待っていた。仲間も皆起きて待っていた。

二人とも真っ白になった姿で旅館へ入ったら、

「まあまあ大変だったなあ。」「早く上がって温まれ。」と迎えられ、

仲間の部屋に。見たら6畳に3人、そして彼。これでは寝るのは無理である。

そこで女将は二十歳くらいの娘を自分の部屋に移動させ、その部屋を空けてくれた。

大至急ストーブに火を入れた。

「寒かったろう。八戸は初めてかい。すぐ熱燗持って来るから。」

間もなく徳利4本とありあわせの夜食を用意して持って来てくれた。

女将と娘と私の3人で遅くも温かい晩酌となった。

その間の話の中で「八戸に来たら、ここへ泊んなされ。

港の方へは飲みに行くな。危ないから。」と土地の事情を話してくれた。

もう2時半を過ぎていた。床に入ったらぐっすりであったが、何と親切な女将だろうと思った。

松下の方の親切やこの女将の優しさは、生涯忘れる事は出来ない。

( 続 く )