ホーム > NIKKENブログ > 『シリーズ日建商事 雑感』 その17
NIKKENブログ

『シリーズ日建商事 雑感』 その17

2014年07月10日

『シリーズ日建商事 雑感』 その17

我社の業績も次第に上昇し、人も増え、

事務所も駐車場も狭くなったので、山形市浜崎12-14の土地を購入した。

その土地へ社屋を建てて移転した。

これでようやく会社の不動産を持つことが出来た。

文無しで創業して以来13年目のことである。

 

その間オイルショックを経験している。

産油国から石油が入って来ない。

当然商品の値上がりも著しく、その話はテレビのニュースでも新聞でも報道した為に、

さしずめ日常生活品であるトイレットペーパーや石鹸、

プラスチック製品などが手に入りにくくなるのではと、大勢売り場へ押しかけた。

中でもトイレットペーパー売り場はミツバチの巣かアリの巣状態であり、

家庭の主婦は血相を変えて買いだめに走ったのであった。

 

全国的な景気低迷時、メーカーの三幸商事は代理店に対する与信に警戒を強め、

残念ながら全国代理店会を解消した。

只我社はそれまでの方針としてアンカー以外にも商材を広げていた。

以前から代理店会議ではアンカーのみの販売にするよう要求される事もあったが、

私はこの方針を変えずに通して来ていた。

結局それが後々良かったと思う。

アンカー一本でやってきた代理店は、景気の落ち込みの直撃をまともに受け、

結果的に倒産の憂き目にあう所も出ていた。