ホーム > NIKKENブログ > 「5年目の3.11」
NIKKENブログ

「5年目の3.11」

2016年03月01日

 あの3.11の震災から間もなく5年になる。

さすがに5年も経つと仙台市内などは、一見何事も無かったかのような

賑わいに見える。

ただ震災の被害に耐えながら、これまで生きて来た方々が大勢いる。

先日、久しぶりに名取市閖上地区を通った。

真新しい慰霊碑が建っており、名取川の堤防や地区のかさ上げ工事が続いていた。

一部の水産加工場も着工していたが、民家らしい家はまだほとんど建っていない。。

かつては住宅街だったであろう一帯は、海まで見通せるような空き地となって広がっていた。

 5年目の3.11を前に、震災でお亡くなりになった方々へあらためて合掌し、

ご冥福をお祈りしたい。

                                          早 坂