ホーム > NIKKENブログ > 「7年目の3.11」
NIKKENブログ

「7年目の3.11」

2018年03月05日

私的なブログになるがご勘弁願いたい。

 

幼稚園、小学校、中学校、高校、大学とずっと一緒にいた幼馴染が突然急死した、

との連絡を受けたのが平成2315日仕事始めの夜であった。

一ヶ月前の忘年会では元気な姿を見せていただけに、

6日のお通夜の席で対面するまで実感が湧かなかった。

8日の早朝秋田から帰って、告別式では中学校のクラスメートを代表して

弔辞を読ませていただいた。

 

何かをしないではいられなかった。

急遽連絡をし、35日山形市内でクラスメートによる「偲ぶ会」を行った。

皆様とは久方振りの再会となった。遠く神奈川県からも駆けつけてくれた方もいた。

 

そして翌週の金曜日、東日本大震災が起きたのである。

当時の騒然とした世相から、今年でもう7年になる。

あの時もう一週間遅く「偲ぶ会」を企画していたら間違いなく実現出来なかった事を思うと、

今でも何とも言えない寂寥感のようなものに苛まれる。

早坂 智