ホーム > 会社概要
会社概要
商号 日建商事株式会社
役員 代表取締役社長 早坂智
取締役 早坂善広
    草苅正和
所在地 [本社]山形県山形市花楯二丁目18−47
[仙台営業所]宮城県仙台市若林区六丁の目南町8-22
[秋田営業所]秋田県秋田市川尻大川町1−3
資本金 5,000万円
主要取引銀行 山形銀行 鈴川支店
七十七銀行 山形支店・六丁の目支店
きらやか銀行 山形流通センター支店
秋田銀行 山王支店
特許取得 平成18年に創業者早坂眞一が考案した「日建アンカー」が特許取得(第3844593)

事業内容

建築資材(建設用ファスナー、 支持金具)、機械工具、電動手動工具、安全用品、雑材その他の卸し並びに小売

沿革

昭和40年 早坂眞一が山形市宮町五丁目9番12号に個人経営の日建商事を創業し、建設ファスナーの施工・販売を始める。
昭和44年 業績伸長に伴い、山形市印役町五丁目6番31号に土地を購入し、移転する。
昭和45年 組織を法人化し、日建商事株式会社を設立する。
同年仙台営業所を宮城県仙台市小田原八丁目8番31号に開設する。
業績の伸長と共に、営業部門において販売課、代理店課を組織し、現サンコーテクノのオールアンカーの東北地区総代理店として東北一円に販売店、特約店を開拓する。
昭和46年 建設ファスナーを始めとし、電動工具、機械工具、資材全般の販売実績を重ねる。
各メーカーの代理店や販売店の資格を得た事により、建設現場における幅広い資材・工具等の取り扱いに発展。
昭和47年 業務拡張に伴い、仙台営業所を宮城県仙台市八本松一丁目13番15号に、山形営業所を山形市花楯一丁目18にそれぞれ開設する。
昭和49年 仙台市内の2営業所を統合し、新たに仙台営業所を仙台市若林区六丁の目中町1番70号に開設する。
昭和52年 山形市浜崎12番14号に土地購入し、本社社屋を新築する。
昭和55年 本社隣接地、山形市浜崎12番19号の土地・建物を購入する。
平成元年 秋田営業所を秋田県秋田市川尻大川町2番3号に開設する。
平成4年 本社新社屋の建物用地として、山形県山形市花楯二丁目18番47号に1,536㎡の土地を購入。
平成14年 本社新社屋を建て、浜崎より花楯に移転する。
平成16年 新社長に早坂智が就任。会長早坂眞一と二人代表取締役となる。
平成18年 早坂眞一が考案した「日建アンカー」が特許を取得する(第3844593)
平成20年 秋田営業所が秋田市川尻大川町1番3号に移転する。
平成25年 資本金を2,000万から5,000万に増資する。創業者早坂眞一が顧問になる。
平成26年 ホームページを開設する。
平成27年 創業50周年記念「感謝の集い」を開催。
平成28年 仙台営業所が宮城県仙台市若林区六丁の目南町8-22に移転する。